風邪薬の副作用で死亡することも

 

風邪薬などの副作用で起きる皮膚疾患「スティーブンス・ジョンソン症候群(SJS)」と、その症状が悪化した中毒性表皮壊死(えし)症で、今年1月までの2年半に全国で131人が死亡したことが厚生労働省のまとめで分りました。

 

SJSは10年以上前に問題化。

厚労省は10年9月、製薬業界に対し、一部医薬品の添付文書に副作用として追記するよう求めましたが、発症メカニズムは未解明で依然として被害は深刻なままです。

同省は「初期症状が疑われたら、早期に受診を」と改めて注意を呼び掛けています。

 

「SJS患者会」代表で歯科医の湯浅和恵さん(59)=東京都渋谷区=は91年、風邪薬を服用後に全身に発疹が広がり、一時寝たきりの生活になってしまいました。

 

今は左目を失明し、歯科は休業中。

湯浅さんは「誰もが使う医薬品で起こりうる。生活が急変し、ショックを受ける患者の精神的ケアの充実も図られるべきだ」と訴えています。

 

原因と推定される医薬品は抗てんかん剤や解熱鎮痛消炎剤、総合感冒剤など。

 

こうした医薬品を投与する医師は、初期症状の皮膚疾患に必ずしも精通しておらず、診断が遅れる可能性があります。

 

また、総合感冒剤などは市販薬も多く、症状が薬の影響と気付かない人も少なくありません。

 

SJSは年齢層や持病によって発症傾向があるかどうかも分かっていません。

 

 

◇スティーブンス・ジョンソン症候群(SJS)

 

高熱を伴って発疹ややけどのような水ぶくれが全身や口、目の粘膜に現れます。

原因は解明されていませんが、体内の免疫力が過剰反応して起きると考えられています。

発生頻度は100万人当たり年間1~6人とされ、臓器障害などの合併症を起こして後遺症が残ったり、死に至ることもあります。




もしガンの宣告をされたら

 

もし今、ガンと診断されたとしたら、皆様どうしますか?

 

(1)一刻も早く治療をする

(2)しばらく様子を見る

(3)治療はしない

 

大きく分けますと、この3つから選ぶということになるのではないでしょうか。

 

正解はないのかもしれませんが、医師や家族の言いなりになるのではなく、ご自身で判断されるようにしていただくことが、後で後悔しない選択なのではないかと思います。

 

こういったことを考えるための参考資料として、近藤誠先生の著書「がん放置療法のすすめ」という書籍がございます。

 

近藤先生は、ガンと診断されても進行せず、転移もしないガンもあるため、すぐに治療をせず、放置することが良いのではないかという提案をされています。

 

放置とは、定期的な検査もしないで、ガンが進行しないこともあるので、ガンであることを忘れ、もし臓器を圧迫されるなどが原因で諸症状が出たら緩和ケアを受けるなどの対処をするということを指しています。

 

検査をすると、検査により悪化をすることもあり、治療をすると寿命を縮めることが多々あるそうです。

 

外科治療をして、ガン組織を摘出しても良性であることもしばしばあるとか。

 

スキルス胃ガンで亡くなられたテレビ司会者の逸見政孝さんを例にあげ、こんなことが書かれていました。

 

スキルス胃ガンは、治療をすると余命は1年にも満たないケースが多いのですが、近藤先生の患者さんは、治療をしなかった結果、すべて1年以上生きることができたそうです。

 

また、早期で発見し、治療をして助かったということを聞くことがあると思いますが、そういった方は治療をしなくてもガンは進行しないケースが多いようです。

 

このような事実を踏まえ、ぜひ皆様がガンの宣告をされた時、ご自身で後悔しない選択をされてください。



ドクター“ミトコンドリア”セミナー ≪愛知≫ 平成24年5月26日(土)

 



平成24年5月26日(土)、愛知県の日本ガイシフォーラムにて、ハートフルクリニック院長の平良茂先生による「ドクター“ミトコンドリア”セミナー」を開催させていただきました。




トランス脂肪酸、炭水化物の摂り過ぎが、ミトコンドリアの機能を低下させる話や、コラーゲンを体内で作る際には、ミトコンドリアが作り出すATPが重要というお話など、本日も素晴らしいご講演をいただきました。






また、平良先生は、毎日ご家族のお料理を作られているそうです。

先日作られた、平良先生オリジナル「タコロッケ」のご紹介をいただきました。

平良先生は、普通のコロッケは食感がないので、コロッケの中に味をつけたタコを入れたところとっても美味しかったそうです。

コロッケを揚げる油もこだわり、オリーブ油とエゴマ油を1:1で混ぜ使われているそうです。




参加された皆様は、とっても熱心にお話を聞かれていました。

平良先生のお話、本当に勉強になりましたね。


平良先生、そしてご参加いただきました皆様、どうもありがとうございました。



抗ガン剤が使える条件(パフォーマンス・ステータス)

 

ガン治療にて多くの患者さんが体験する「抗ガン剤治療」ですが、副作用が強く多くの体力を奪われるということはご存知の通りです。

 

では、抗ガン剤は、ある一定の体力がないと使ってはいけないということはご存知でしょうか。

 

これは、日本癌治療学会の「がん診療ガイドライン」にもしっかりと記載されています。

 

 

全身状態(PS:パフォーマンス・ステータス) 分類 活動の程度

 

分類:活動の程度

0:無症状で社会活動ができ、制限を受けることなく発病前と同等にふるまえる。

1:軽度の症状があり、肉体労働は制限を受けるが、歩行、軽労働や座業はできる。例えば軽い家事、事務など

2:歩行や身の回りのことはできるが、時に少し介助がいることもある。軽労働はできないが、日中の50%以上は起居している。

3:身の回りのある程度のことはできるが、しばしば介助がいり、日中の50%以上は就床している。

4:身の回りのこともできず、常に介助がいり、終日就床を必要としている。

 

 

抗ガン剤が使用できるのは、上記のうち、0、1、2までです。3、4の方には使用できないのです。

 

ただ、この規定が守られていないように思います。

 

強力な副作用のある抗ガン剤ですので、体力がない方は、使用できないということを覚えておいてくださいね。

 


9割の方は、病院ではなく自分で治すべき!

 

「9割の方は、病院へ行かない方が良い」

 

こんなことを話すドクターがいらっしゃいます。

医療の専門家、副作用など医療の恐さを知っているドクターの発言です。


 

その理由には、こんなものがあります。

 

(1)副作用などの医療の悪影響を受けずに済む(医療機関が原因で罹る病気を医原病といいます)

 

(2)生活習慣病など、病気の原因が自分にあるような病気は、生活習慣を正せば治すことができる

 

(3)高騰を続ける、日本の医療費の無駄遣いをなくし、医療費の抑制ができる

 

国民会保険制度によって、日本人は、ちょっとした症状でも病院へ行くようになってしまいました。

 

しかし、上記の理由の通り、病院へ行くことで損をしているのです。

 

もちろん、病院へいかなければならないこともありますし、医療は重要です。

 

 

「病院へ行っても、行かなくても、自分で治せる病気」

 

自分で治せるなら病院へ行き、お金と時間を使い、副作用の被害を受けるのは、もったいないですよね。

 

では、どんな病気が自分で治せるのでしょうか?

 

その代表的なものが、風邪と生活習慣病です。

 

風邪は、放っておいても、休息をとれば、時間と共に治ってしまいますよね。

 

続いて、生活習慣病。

糖尿病(2型)、高血圧、高脂血症・・・

メタボリックシンドロームなんていう言葉もありますが、残酷な言い方かもしれませんが、病気になったのは、あなたのせいです。

 

食生活を見直し、適度に運動を行い、しっかり睡眠をとれば治せる病気ですよ。

 

その他、肥満症、通風、抑うつ、不眠症、喘息、アトピー、便秘、頭痛、腰痛、膝痛などがあります。

 

 

どうか、皆さん自信のため、日本の未来のために、病気の治し方を見つめ直してください。

 



その薬、本当に必要ですか?

 


薬を使われていらっしゃる方にお尋ねします。

 

その薬は、何のために使われているのですか?

 

病気を「治すため」ですか?

 

それとも、「症状を抑えるため」ですか?


 

 

私は、アトピー性皮膚炎を患っていた頃、症状を抑えるために薬を利用していました。

 

確かに、一時的に症状が落ち着くという経験はしました。

 

ただ、私は「治す」ことを目的に薬を使用していたのですが、その目的は達成することができませんでした。

 

もちろん、これまで薬により、命が救われたり、病気の悪化を抑えることができたという方もいらっしゃると思います。

 

そのため、すべての病気が、そしてすべての方にとって薬は必要ないものだとは思いませんが、皆様にとって、今使われている薬が本当に必要なのか、もう1度考えてみることは、大変有意義なことであると思います。

 

 

いつも元気な方、長生きをされている方は、あまり薬は使われないように思います。

 

もともと健康で、身体が丈夫だから薬を使わないという考え方もできるかもしれませんが、恐らく、元気な方、長生きをされていらっしゃる方は、これまで薬に頼らないで、生活されてきたのではないでしょうか。

 

このような方は、体調を崩されたときに、すぐに薬に頼るのではなく、生活習慣を見直したり、休息をとったり、ご自身に合った健康食品を使用したりされています。

 

 

では、健康ではない方の薬に対する考え方はどうでしょう。

 

何か症状があれば、すぐに薬に頼っているのではないでしょうか。

 

そして、このような方は病院へ行き、たくさん薬をもらえると何だか安心してしまうような方が多いように思います。

 

 

私たちの健康の要であるミトコンドリア。

 

ミトコンドリアは、薬が好きでしょうか?それとも嫌いでしょうか?

 

もちろん嫌いですよね。

 

9割の方、そして9割の薬は使わない方が、健康のために良いということも言われています。

 

 

これから薬を使う際は、ミトコンドリアが不活性化してしまい、免疫力も低下させてまでも薬を使うべきか、ということを考えられてみてくださいね。