歯垢の除去でガン予防

 

口内を不衛生な状態にしていると、全身の健康に悪影響を与えてしまうことが分かっています。

 

歯垢(プラーク)を主な原因として起こる歯周病が、糖尿病や心疾患などと深く関わっていることはご存知の通りですが、最新の研究によると“ガンによる早死”をも引き起こす可能性があるという。

 

スウェーデンにあるカロリンスカ研究所のビルギッタ・ソーデル教授率いる研究チームは、1985年から2009年までの24年間にも及ぶ調査結果を公表しました。

 

研究開始当初30~40代だった男女1,390人を対象に歯と全身の健康状態を調査し続けました。

1985年の研究開始にあたり、まず被験者たちの歯垢や歯石の量、歯周病の進行具合など口内の衛生状態を記録。

さらに、喫煙や飲酒など健康に害を及ぼす生活習慣についても聞き取り調査を行いました。

 

そして24年経った2009年、被験者のうち58人が亡くなっており、そのうち35人の死因はガンであることが判明。

 

歯垢の付着量を示すプラーク指数で比較すると、生きていた人々はプラーク指数が0.66~0.67だったのに対し、亡くなった人々は0.84~0.91と高い数値で、歯が全体的に歯垢に覆われている不衛生な状態だったとのこと。

 

また、亡くなった人々の平均年齢は男性が60歳、女性は61歳でした。

 

これは予測された平均寿命と比べると男性は8.5歳、女性は13歳も若く、研究者らは「早すぎる死である」としています。

 

さらに、「年齢や喫煙、歯科医による検診頻度など様々な要素を考慮しても、長期に及び歯垢が蓄積した不衛生な口内と彼らの早死にはなんらかの関連性がある」とのこと。

 

毎日のハミガキは、虫歯の予防だけでなく、むしろ病気の予防のために大切だということがお分かりいただけましたでしょうか。

 

ハミガキ粉は、合成界面活性剤など有害物質を配合しない安全なもの、そして、しっかりと歯垢が除去できる洗浄力の高いものを使用しましょう。



ミトコンドリアDNAの突然変異が糖尿病やリンパ腫の発症原因

 

筑波大学の林純一教授らのグループは、ミトコンドリアDNAの突然変異が糖尿病やリンパ腫の発症原因になる可能性が高いことをマウスでの実験で突き止めました。

 

ミトコンドリアDNAの異常が引き起こす具体的な病気を示したのは今回が初めてで、ミトコンドリアDNAの機能解明に寄与することが期待されています。

 

研究グループは、ミトコンドリアDNAの突然変異により活性酸素を過剰生産するタイプと、変異はしているが活性酸素の過剰生産はしないタイプのモデルマウスを作製。

 

この2種類のモデルマウスと野生型マウスを同じ条件下で生育し、どのような病気を発症するか調べました。

 

その結果、活性酸素を過剰生産するタイプでのみ糖尿病とリンパ腫が発症したという。

 

ミトコンドリアのことが分れば分るほど、健康の根本がミトコンドリアであるということが分ってくるのではないでしょうか。

 

糖尿病やリンパ腫だけでなく、多くの病気の原因にミトコンドリアが関与しているのです。



生活保護受給者、210万人を突破。

 

厚生労働省は6月13日、今年3月末現在の全国の生活保護受給者が、210万8,096人(速報値)になったと発表しました。

 

同2月より1万695人増えて210万人を突破。

 

60年ぶりに過去最多を更新した昨年7月から、9か月連続で過去最多を更新しています。

 

受給世帯も6,897世帯増え、152万8381世帯となり、過去最多を更新しました。

 

高齢者世帯が最も多く約4割を占めていますが、就労意欲があっても仕事がないケースを含む「その他」の世帯も26万945世帯で、全体の約17%に上っています。

 

生活保護の給付総額は今年度、3兆7000億円を超える見通し。

 

なんと、この5年で約1兆円も増えています。

 

 

もちろん、この数字をゼロにすることはできないと思いますが、高齢、そして仕事がないということなどは、生活保護から回避することは十分可能なのではないでしょうか。

 

健康であれば、仕事もできます。

 

そして、健康の輪を広げる仕事があります。




8周年イベント「愛用者の集い」 2012.6.9(土)

 


2012年6月9日(土)、東京・代々木にて当社8周年記念イベント「愛用者の集い」を開催させていただきました。

悪天候にも関わらず、全国から大勢の方にご参加をいただきました。






まずは、今月からスタートいたしました8周年記念キャンペーン、そしてプレミアムキャンペーンについてのご案内、ならびに今回の参加者全員プレゼントの活性乳酸配合「ラックルハミガキ」のご説明をさせていただきました。




続きまして、当社代表の藤原誠による講演です。




今回は初めての参加者の方も大勢いらっしゃたこともあり、藤原がなぜライフトレードを設立したのか、なぜラックルなのか、ということなどをお話させていただきました。




続いては、活性乳酸の開発者「長尾氏」によります活性乳酸最新情報についてのご案内。

活性乳酸は、進化を続けています。

これからが、ますます楽しみです。




そして、星合産婦人科医病院、副院長の星合敏久先生による活性乳酸セミナーです。

現役のドクターにより、なぜ活性乳酸が必要なのかを笑いも交えてご説明いただきました。






星合先生は、活性乳酸に確信を得ていらっしゃいます。

本当に心強い先生です。




そして最後は、超豪華景品が当たるプレミアム抽選会を行いました。




景品の中には、ラックルの掴み取りも。

皆さんたっぷり掴んでいただき、会場中に歓声が沸きました。




こちらは、今回の目玉の景品を当選された皆様です。

今回は、78名の方々が当選されました。

8周年でこれだけ豪華な景品。

10周年はすごいことになりそうですね。


イベントは、最後まで大変盛り上がり、大盛況のうちに終了いたしました。

ご参加いただきました皆様。本当にありがとうございました。



最期まで健康に生きるために

 

厚生労働省により、2010年の日本人の平均寿命について、女性が86.3歳、男性が79.55歳になったと発表されました。

 

5年に1度の国勢調査に基づく「完全生命表」によるもので、毎年発表している「簡易生命表」の確定版にあたります。

 

前回(05年)の完全生命表と比べると、女性は0.78歳、男性は0.99歳、更に寿命が延びました。

 

なお、平均寿命とは、その年の出生児が平均で何歳まで生きるかを予測したものです。

 

 

寿命が延びるということは、喜ばしいことばかりではありません。

 

実は、長寿であっても、最期まで健康であるわけではない場合が多いのです。

 

皆様は、健康寿命という言葉をご存知でしょうか。

 

健康寿命とは、介護を受けたり病気で寝たきりになったりせず、自立して健康に生活できる期間のことを言います。

 

2010年の健康寿命は、男性70.42歳、女性73.62歳であると厚生科学審議会が発表しました。

 

 

つまり・・・

◆男性:寿命(79.55歳)-健康寿命(70.42歳)=9.13年間

◆女性:寿命(86.3歳)-健康寿命(73.62歳)=12.68年間

 

男性は、平均で9.13年間、女性は12.68年間を健康で自立して健康に過ごせていないのです。

 

 

最期まで、自立して健康に過ごして行きたいですよね。

 

最期まで健康でいるためには、医療に頼りすぎないことです。

 

医療に頼ると生かされてしまいます。

 

ぜひ、ミトコンドリアを活性化し、楽しく生きましょう!!