愛用者の集い&忘年会 2013

 

2013年11月30日(土)熊本にて「愛用者の集い&忘年会」を開催いたしました。

本日のブログでは、当日の様子をたくさんの写真でご紹介いたします。

13:00スタートの愛用者の集いより。

 

2013.11.30.1.JPG(受付の様子)

 

2013.11.30.2.JPG 

今年の司会は、兵庫県の大山茂樹様でした。

いつも司会をいただき、ありがとうございます。

 

2013.11.30.3.JPG(参加者の皆様)

 

2013.11.30.4.JPG(参加者の皆様)

 

続いて、7名の方の感動体験発表!

今年も参加者の皆様に感動を与える感動体験をご披露いただきました。

ありがとうございました。

 

2013.11.30.5.JPG 

2013.11.30.6.JPG 

2013.11.30.8.JPG 

2013.11.30.9.JPG 

2013.11.30.10.JPG 

2013.11.30.11.JPG  

2013.11.30.12.JPG  

続いては、ラックルを推奨いただいております日本成人病予防協会の鈴木部長のご講演。

なぜ今、ラックルが必要なのか!

素晴らしいお話をありがとうございました。

  

2013.11.30.13.JPG 

続いて、当社代表の藤原の講演。

今回は、2つの重大発表がございました。

 

2013.11.30.14.JPG 

まず1つ目の発表は・・・

設立10周年を迎える2013.12.1より当社社長に宇田川雅生が就任!

新体制で更なる飛躍を遂げていきます。

 

2013.11.30.15.JPG  

活性乳酸に出逢い16年の経験を活かし、精一杯努めて参ります!

 

続いて2つ目の重大発表は・・・

新商品「楽来瓶(らっくるびん)」の発売を発表!

ラックルの強力なパートナーとなる還元水素飲料の製造ボトルです。

更なる健康にお役立てください。

 

2013.11.30.16.JPG 

開発者の小鹿社長より商品のこだわりをお話いただきました。

どうもありがとうございました。

 

以上を持ちまして、愛用者の集いを終了いたしました。

 

続いて、お待ちかねの忘年会のスタートです。

 


2013.11.30.17.JPG

 

司会は新社長の宇田川が行いました。

司会は、恒例になりましたモノマネ(似てない)での登場です。

今年は、長渕剛さん「乾杯」でした。

お聞き苦しい歌を失礼いたしました。

 

2013.1.30.18.JPG  

乾杯のご挨拶は、東京都の鈴木様より。

鈴木様、ありがとうございました。

 

続いて、愛用者の集いにて感動体験を発表いただいた皆様に藤原より感謝状と記念品の授与をさせていただきました。

 

2013.11.30.19.JPG 

2013.11.30.20.JPG 

2013.11.30.21.JPG  

2013.11.30.22.JPG 

2013.11.30.23.JPG 

2013.11.30.24.JPG 

2013.11.30.25.JPG 

そして、2名の会員様よりステキな歌をご披露いただきました。

 

2013.11.30.26.JPG 

2013.11.30.27.JPG 

続いては、会員様による余興です。

まずは、西川様による腹話術!

 

2013.11.30.28.JPG 

続いて、関東の皆様によるお芝居&ダンス!

 

2013.11.30.29.JPG 

2013.11.30.30.JPG 

続いて、関西の皆様による合唱!

 

2013.11.30.31.JPG 

2013.11.30.32.JPG 

続いて、スタッフによるダンス!

こちらは、写真はなく申し訳ございません。

決して、格好良いとはいえないですが、精一杯踊りました!

 

そして、全員当選の大抽選会!

 

 2013.11.30.33.JPG

 

2013.11.30.34.JPG 

2013.11.30.35.JPG 

2013.11.30.36.JPG 

2013.11.30.37.JPG 

2013.11.30.38.JPG 

2013.11.30.39.JPG 

2013.11.30.40.JPG 

2013.11.30.41.JPG 

2013.11.30.42.JPG 

2013.11.30.43.JPG 

今年の目玉商品は、「宇田川賞!」

なんと、宇田川1日使いたい放題!

新潟在住なので、雪かきをお願いします!とのことでした!

喜んで!!

 

そして、エンディングは恒例になりました。輪になっての「サライ」の合唱です。

気持ちが1つになり、とってもステキな合唱でした。

 

2013.11.30.44.JPG  

中締めのご挨拶は、兵庫県の安倍様です。

ダイヤモンドになります!と宣言されました。

精一杯応援させていただきます。

宜しくお願い申し上げます。

 

2013.11.30.45.JPG 

そして、社長としての最後となりました藤原の挨拶。

 

2013.11.30.46.JPG 

続いて、新社長の宇田川の挨拶。

 

2013.11.30.47.JPG 

最後に藤原より全員参加者プレゼント「ラックルステンレスボトル」をお渡して、忘年会を終了いたしました。

 

2013.11.30.48.JPG 

愛用者の集い、忘年会と長時間に渡しましたが、あっという間の1日でした。

ご参加いただきました会員の皆様、そして鈴木部長、小鹿社長、どうもありがとうございました。

 

次回の愛用者の集い&忘年会は、2014年12月6日(土)に同会場(熊本・火の国ハイツ)にて開催させていただきます。

 

 

奈良 2013年ラストイベント(親睦会)

11月18日(月)、奈良でのセミナーの後、参加者の皆様で親睦会を行いました。

いつもお世話になっている愛知県の大野様より、その時の写真をお送りいただきましたので、ご紹介させていただきます。

 

2013.11.18.1.JPG

2013.11.18.2.JPG

会員様の手作りの料理などをいただきながら、楽しいひと時を送りました。

 

2013.11.18.3.JPG

2013.11.18.4.JPG

2013.11.18.5.JPG

そして、女性の参加者に会員様の手作りのバックのプレゼント!

1つ1つ想いを込められて作られたのだと思います。

とても、温かみがある素敵なバックですね。

私も特別にいただいてしまいました。

ありがとうございます!

 

そして、最後は男性の参加者も含め、皆さんに当たる抽選会で盛り上がりました。

奈良の素敵な皆様!

どうもありがとうございました。

また、来年も宜しくお願い申し上げます。

 

毎日のちょっとした筋肉トレーニング

本日は、「毎日のちょっとした筋肉トレーニング」というテーマでお届けさせていただきます。

2014年に開催されるソチ五輪組織委員会のキャンペーンの一環として、地下鉄の駅で2分間でスクワット30回できると、乗車券が無料になるとのニュースがありました。

足腰の筋肉を鍛える上でスクワットは、とても効果的です。

年々筋肉は衰えていきますので、スクワットのような運動を毎日、少しずつ行うことをオススメします。

 

2013.11.11.jpg

 

★スクワットのポイント!

(1)写真では、膝の位置がつま先の位置よりも前になっていますが、これでは膝に負担があるため、膝はつま先よりも前に行かないようにしましょう。

(2)2分間で30回だと1回のスピードが速すぎです。ゆっくり行うことがポイントです。10秒で1回を目安に行いましょう。


日本でも東京オリンピックに向けて、今後、色々なキャンペーンが出てくるかもしれませんね。


私(宇田川)は、以前は、スクワットを行っていたのですが、最近は、スクワットよりもお気に入りの「四股(しこ)」を行うようにしています。

四股を行う時もスクワットの運動が含まれていますし、片足を上げてバランスを取るということも加えられて、とても良いですよ。

私は、1日10回(左右の足を上げて1回)、お風呂に入る前に行うようにしています。


筋肉の中には、私たちの健康の根本であるミトコンドリアがたくさん生きています。

つまり、筋肉を強化するとミトコンドリアも増え、筋力が強化されるだけでなく、健康も手に入れられますよ。


皆様の体力に合わせ、無理のないペースで行ってみてくださいね。

「毎日健康になっている!」という意識

 

皆様は、健康のために習慣にされていることはありますか?

習慣にされていることを続けた結果、期待した結果を手に入れることはできましたか?

 

ハーバード大学のランガー博士という女性研究者による面白い研究があります。

ホテルの客室清掃を担当するメイドさんたちを二つのグループに分け、健康についての基本教育をしたあとで、一つのグループだけに「日常の客室清掃やベッドメイキングはじつは運動なのだ」ということを教えました。

1ヶ月後に調べてみると、運動していると教えられた方のメイドさんたちは平均で1.5kg体重が減り、血圧や血糖値の平均値も下がったのに対して、もう一つのグループには変化が見られませんでした。

 

この実験は、「意識」の重要性を示しています。

ウォーキングが健康に良さそうだからといって、ウォーキングを習慣にしている方も、ただ歩くのではなく、「ウォーキングを続けるたびに健康になっている」「ウォーキングを続けるたびに体力がついてくる」というような意識を持って行うとウォーキングによって、効果を実感していけるのではないでしょうか。

 

私たちは毎日毎日が健康になるチャンスの連続です。

ぜひ、「毎日健康になっている!」という意識をもって、健康習慣を行いましょう!

 

 

 

 

 

恒例の奈良セミナー(愛知県の大野様より報告)

各月で開催している奈良セミナー。
奈良のグループは、ラックルへの想いが強く、大きな愛につつまれ、心がいつも癒されホットするグループです。

N様のものすごい感動体験もあり、とても感動的でした。
N様はセミナーにいつも参加され、真の健康を勉強されていたことが幸いしたのだと思います。
本当に良かったです。

セミナー終了後、ティーパーティを毎回開催しております。

2013.9.30奈良セミナー.JPG


今日は、日本一と言う、いなり寿司(紅ショウガを細く切って入れた)を差し入れて下さいました。
デカくてホッペが落ちるほど美味しかったです。
さらに奈良のOさんより手作りのシフォンケーキを作って頂いたり、その他、色々持ち寄りいただき、笑顔が絶えないテーパーティーでした。

次回(11月18日 奈良県社会福祉総合センター)は、今年最後の開催です。
もちろんティーパーティーも行いますよ。
どなたでもご参加ください。
楽しいですよ!

ラックル(楽来会)に感謝、感謝!!

大野様、いつもご報告ありがとうございます!

サルコペニアって何?

サルコペニアという言葉をご存知ですか?

サルコペニアとは、サルコ=筋肉、ペニア=減少という意味で、筋肉が減少することをいいます。

そして、現在注目されているのが、サルコペニア肥満です。
つまり、筋肉の減少に、肥満が合併した状態を指します。

筋肉の量は20代をピークに平均すると毎年約1%減少していきます。

予防をせず、加齢のまま進行させてしまえば、やがて歩けなくなるまでに筋肉は減っていってしまいます。

サルコペニア肥満になりやすいのは、特に若いころからダイエットを繰り返している方。
今はスリムでも、筋肉が減り、リバウンドしやすく、骨も弱くなっている状態ではサルコペニア肥満のリスクが非常に高くなるそうです。

こんな方はすでにサルコペニア肥満の可能性があります。

□ふだんの生活のなかで、つまずくことが増えた。
□以前に比べて、歩くのが遅くなった気がする。
□猫背になっていることが多い。
□舌の厚みが若いときに比べると薄くなった。
□階段よりも、エレベーターやエスカレーターをよく使う。
□最近、太りやすくなった気がする。
□BMI<体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)>が25以上である。

サルコペニア肥満になると、高血圧になるリスクは女性で2.3倍、糖尿病につながる危険因子の値は19倍、さらに骨折や転倒、寝たきりになるリスクも格段に高まるそうです。

筋肉の衰えは、ミトコンドリアの減少にも直結します。

階段を利用したり、一駅前で降りて歩いて帰ったり、スクワットをしたり・・・

ちょっとしたことで筋肉の衰えは防ぐことができますよ。

少子高齢化を克服し、日本に明るい未来を!


現在、日本の出生率(合計特殊出生率)は1.41と、2005年に1.26まで落ち込んだ時期よりもやや回復していますが、依然として低い水準にあることはよく知られています(厚生労働省によりますと、人口を維持するには出生率は2.07必要)。
なお、都道府県別の出生率は、最高が沖縄の1.90でトップ、最低は東京の1.09です。

先日、少子高齢化を象徴するこんなニュースが発表されました。
そのタイトルは「国内おむつ生産、高齢者にシフト 製紙各社が設備増強」
現在は、まだ乳幼児用の数の方が多いのですが、2020年には大人用がその数を逆転するそうです。

出生数の減少の原因は、長引く不況であると言われていますが、不況の中でも人口が増えている国があります。
それは、フランスです。
フランスは、出生率増加のために様々な取組みを行っています。
出産した女性には収入とは無関係に890ユーロ(1ユーロ=130円換算で11万5700円)のお祝い金と、子どもが3歳になるまで毎月178ユーロが支給されたり、2~3歳児が通える公立の保育園は無料など。

日本でもこういった取組みを行っていくことが明確になれば、増税や社会保障費制度改革などについての理解も得やすいではないでしょうか。

また不妊症で悩む方々のサポートもしていく必要があります。
治療技術の向上も確かに必要かもしれませんが、学校などで健康な体を作るための生活習慣などを教育していくことも今以上に行っていくことが必要だと思います。
現在は低体温など不妊の原因となる体質の方が多いですが、生活習慣を整え、生命力(ミトコンドリア力)を上げれば、不妊症で悩む方が大幅に減少するのではないでしょうか。

未来の日本のため、国民全員で意識を高め、少子高齢化を解決して行きましょう!