12周年記念イベント・会場(日本橋三井ホール)のご案内

 

2004年5月1日にラックルを全国発売し、お蔭さまで丸12年を終え、13年目を迎えることができました。

これまで支えてくださった全国の会員の皆様、そしてご関係者様、誠にありがとうございます。

2016年5月15日(日)13:00より、12周年を記念し、東京・日本橋「日本橋三井ホール」にて『12周年記念イベント~愛用者の集い~』を開催させていただきます。

今年のテーマは、 『真実、そして感動をあなたへ』。

これからの健康と幸せにつながる真実をたっぷりお伝えいたしますので、楽しみにしていてください!

 

日本橋三井ホール(会場).jpg
(会場:日本橋三井ホール)

 

三越前駅A6出口.jpg

会場は、地下鉄の銀座線・半蔵門線「三越前」駅 A6 出口 直結です。

※地上には出ず、そのまま建物(COREDO室町1)の中へ

 

日本橋三井ホール.png※画像をクリックすると、拡大します。

〒103-0022 東京都中央区 日本橋室町2−2−1 COREDO室町1

 

会場の建物であるCOREDO室町は、3つの建物がございますが、COREDO室町1でございますのでお間違えないようお越しください。

会場の入口は、4階でございます。

4階で受付をし、5階の会場へお越しください。

 

皆様と、真実に包まれた会場にてお逢いできますこと、とても楽しみにしております。

 

 

  

4月21日(木)、22日(金)の営業時間について

 

日頃よりラックルのご愛用ならびに、普及活動を賜り、誠にありがとうございます。

この度は、熊本大地震による甚大な被害に遭われました皆さまに心からお見舞い申し上げます。

 

全国の会員の皆様の温かい励ましのお言葉を力に、復旧作業は順調に進み、20日より再開さえていただくことができました。

ただ、未だ激しい余震が続いており、安全を考慮し、21日(木)、22日(金)も20日同様、営業時間を下記の通りとさせていただきます。

≪21日、22日営業時間≫

10:00~15:00

※出荷業務は通常出荷となりますが、九州エリアへの配送は遅延が予想されます。
 詳しくはヤマト運輸HP「お荷物のお届け遅延状況について」をご確認ください。
http://www.kuronekoyamato.co.jp/chien/chien_hp.html

 

皆さまには、多大なるご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

 

20日(水)より営業再開いたします。

 

連日報道されている熊本・大分県を中心とした地震の影響により、18日、19日と臨時休業を取らせていただきましたが、20日(水)より営業を再開させていただきます。

 

しかし、熊本、大分を中心とした地震は余震が続き、まだまだ予断を許さない状況ではございます。

余震も多く、復旧も完全でないこと、そしてスタッフの安全面も考慮し、通常は10~18時の営業時間を、本日は誠に申し訳ございませんが、10~15時とさせていただきます。

21日以降に関しましては、通常通り18時までを予定しておりますが、余震などの状況次第、変更することもございますことを予めご了承ください。


明日の業務再開に向けて行われた復旧作業では、全国の会員様の皆様からの暖かい励ましのお言葉がとても力になりました。

心より御礼申し上げます。


地震の影響は、まだしばらく続くとは存じますが、スタッフ一同、力を合わせ乗り越えて参りたいと存じます。

 

 

4月14日に発生した九州地方の地震の影響よる業務に関するお知らせ

 

4月14日に熊本を中心に九州全域で発生いたしました。

会員の皆様、ならびにご関係者の皆様は、ご無事でいらっしゃいますでしょうか。

 

2016.4.14.1.JPG

2016.4.14.2.JPG

2016.4.14.3.JPG

 

熊本の本社の地震直後の様子です。

  

各地の会員様よりたくさんの心配のご連絡をいただき、ありがとうございます。

スタッフは全員無事でございます。

 

なお、余震が続いており、現在ショートによる火災の危険を避けるため、電話、FAX、パソコンなど電子機器の電源を落としております。

 

≪15日以降の業務について≫

今後の余震の影響、停電の状況などにもよりますが、現時点にて、15日は10時からの通常業務は行うことができない状況でございます。

会員の皆様には、ご迷惑をお掛けいたしますが、早期復旧に務め、復旧でき次第、業務を再開させていただきますので、ご理解、ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。

 

 

年末年始休業期間のご案内

 

誠に勝手ながら、下記日程を年末年始の休業期間とさせていただきます。

 

平成27年12月29日(火)~平成28年1月3日(日)

 

≪ 受付期日のご案内≫

◆12月度分受付
12月25日(金)13時までの お電話・FAX受付分
12月25日(金)13時までの受付分は、25日に出荷させていただきます。  

◆1月度分受付
12月25日(金)13時以降のお電話・FAX受付分           
~1月4日(月)13時までの受付分に関しましは1月4日(月)に出荷させていただきます。

 

1月4日(月)10:00より通常営業となります。

ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解、ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。

 

 

幹細胞物語≪お寿司屋さん≫

 

2015.12.28.1.jpg

 

ある街で人気の『楽来寿司』というお寿司屋さん。
人気の秘訣は、新鮮であること!

 

2015.12.28.2.jpg

 

毎日市場から最高級の新鮮な魚を仕入れ、腕利きの店主が美味しいお寿司をふるまっています。

あるとき、『楽来寿司』のある街を記録的な大型の台風が襲いました。
一夜明け、天候は回復したものの寿司屋の命の源である市場では魚が未だに入ってきません。

新鮮なネタが命の『楽来寿司』にとって、新鮮な魚が入らないことは致命的ですよね。

 

☆新鮮な魚は幹細胞のこと

『楽来寿司』の物語の中に登場した新鮮な魚。
毎日、新しい魚が入荷されることで、寿司屋さんは、営業ができますよね。

私たちの身体でも実は、同じようなことが起こっているんですよ。

・新鮮な魚=新たな細胞
・幹細胞=市場

活性麹が活性化してくれる幹細胞は、身体に不足し機能が低下してしまった場所に元氣な新たな細胞を補給してくれているのです。
つまり、幹細胞は働いていないと、からだの中で寿司屋で魚が入荷できない状況と同じことが起こってしまうのです。

すると、次第に身体の機能は低下をしていき、細胞も寿命を迎え、寿命を迎えることになります。

老化と共に、一般的には幹細胞は数が減り、機能も低下してしまうことが分かっています。
しかし、この幹細胞の数を増やし、活発に働くようにできれば、常に新たな細胞が生み出され、各臓器は機能の低下を防ぐことができるため、元氣と若さを保つことができるようになるのです。

 

 

ペイ・フォワード

2015.10.26.1.jpeg

 

『ペイ・フォワード』という映画をご存知でしょうか?

★ペイ・バック・・・人から受けた厚意(親切)を、その相手に返すこと。
★ペイ・フォワード・・・受けた相手に返すのではなく、『次へ渡す』こと。

 

◆あらすじ(Wikipediaより)

ラスベガスに住むアルコール依存症の母と、家を出て行った家庭内暴力を振るう父との間に生まれた、少年トレバー。
中学1年生(アメリカでは7年生)になったばかりの彼は、社会科の最初の授業で、担当のシモネット先生と出会う。先生は「もし自分の手で世界を変えたいと思ったら、何をする?」という課題を生徒たちに与える。生徒達のほとんどは、いかにも子供らしいアイディアしか提案できなかったが、トレバーは違った。彼の提案した考えは、「ペイ・フォワード」。自分が受けた善意や思いやりを、その相手に返すのではなく、別の3人に渡すというものだ。
トレバーはこれを実践するため、"渡す"相手を探す。仕事に就かない薬物中毒の男、シモネット先生、いじめられている同級生...。 いろいろと試みるものの、なかなかうまくいかず、「ペイ・フォワードは失敗だったのではないか」とトレバーは思い始める。しかし、トレバーの気づかないところで、このバトンは次々に受け渡されていた。

 

皆様は、『もし自分の手で世界を変えたいと思ったら、何をする?』という課題を出されたら、何をしますか?

「自分ひとりじゃ世界なんか変えられない」と思われるかもしれませんね。

しかし・・・

『人』が集まって『市』になり、『市』が集まって『県』になり、『県』が集まって『国』となり、『国』が集まって『世界』を構成していますよね?

ということは、ひとりひとりの『人』が変われば、やがて『世界』も変えられる可能性もあるのではないでしょうか。

 

発酵の力(和食や活性乳酸、活性麹)で日本を元氣にしたい!

健康を人に委ねるのではなく、自らが健康に責任を持つ社会にしていきたい!

身体も、精神的にも、経済的にも不安のない生活を皆様が送れるようにしたい!

 

私のセミナーの最後にて、私は、この想いに共感いただけた方は、ぜひ大切な方3名にお伝えしてください!

とお伝え続けて参りました。

3人が9人に

9人が27人に

27人が81人に

そして

243人、729人、2,187人、6,561人、19,683人、59,049人、177,147人、531,441人、1,594,323人、4,782,969人、14,348,907人、43,046,721人、129,140,163人(日本の人口を超える)・・・

 

『無理だ!』とは思わず・・・

『できる!』と信じ、勇気をもって、1人1人が行動していけば、必ず変化を起こすことができますよ!

 

この映画の主人公トレバーの言葉・・・

『日々の暮らしに慣れきった人たちは、良くない事もなかなか変えられない。だから、あきらめる。でもあきらめたら、負けなんだ。』

 

そう、あきらめたら負けなのです。

あきらめず、希望と勇気をもって、日本の今、そして未来のために変化を楽しんでいきましょう!